読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

強く生きる

つらつらと徒然と

放置しすぎたので長文

8月に入ってバイトと編入試験の勉強と繰り返していた毎日、1日だけ友達とBBQをするというイベントがありましたがそれ以外本当に平然と過ぎていきました。

 

編入結果を最初に言うならば不合格でした。分かっていたとはいえ結構悔しいものです。点数開示が出来るかまだ聞いていないので出来るものなら知りたいものです。恐らくできない?みたいな事がネットには書いてあるので無理なのかな...

 

だからと言って今年で止めるつもりはないです。親もこんなクズな私を応援してくれていたりするのはやはり国立に受かって欲しかったのでしょうね、将来の事はまた受かってから考えます。今回編入試験を受けて自分が合格まで足りないモノや1年間キープorもう少し伸ばしていく所が明確になったのが収穫と考えて生きていきます。

 

まず数学。今年は証明問題が線型代数で出てきました。私は一番後ろの席なので試験終了後皆がどの程度できているのか見てみると、難しいと思っていた問題はやはり皆できないようで、白紙の人も少なくなかったです。私も途中で計算ミスなのかはたまた変形ミスなのか証明に失敗しています。ここは来年までにキチンと線型代数をやり直す必要があると感じました。2題目の微積分は完璧に出来たと思っています。問題も比較的優しく思いました。来年も微積分は落とさないように重積分を重点的にやっていこうと思いました。

 

次に物理。力学は3年前のモーメントが出たら諦めようと思っていました。モーメントは本当に苦手で得点できると思っていなかったからです。ですが、今年は普通の大学入試レベル(基礎的)な問題でした。普通に満点でしょう。来年も満点を狙いたいです。しかし、問題は電磁気です。こちらは本格的に大学の範囲の電磁気の問題を出してきました。キチンと基礎からやり直さねば来年も落ちる事になる!と感じました。夏休みの残りと大学後期の授業に電磁気があるのでしっかりとやり直そうと決意し実行中です。

 

次に英語。こちらも檀蜜が英語はナマモノなのと色っぽく言ってましたが本当だな~と感じました。触ってはいたものの和訳での平凡的なミス、英訳で単語が出てこない。これらは脳のトレーニング不足です。文法は8/10ぐらい?だと思います。。。間違えててもですが。英訳は半分を目処にし、和訳を鍛えようと作戦をたてました。

 

最後に小論文。こちらは過去問をやって思った事ですが、論文と言うより説明書作成だな~と。つまり、何かを論ずる事よりも説明せよと今回を含みすべてに書かれていました。なので電気系と言う事もあり、説明書作成に近いと思ってました。実際書けているのは半分もいない空気の試験教室でした。

 

面接は今回あー落ちたわって思っていたので終始リラックスしてました。先生方と会話できたのは緊張してないからだなって思う。来年は少しは緊張できるよう万全を期したい。

 

以上が今回編入試験を受けての感想です。私が特に思った事が編入を受ける人は工学部だと殆ど高専生だという事。彼らは私の知ってる頭のいい人よりは良くないという事。つまり勝ち目はあると感じました。

確かに編入は狭き門です。ですが毎年予定より多く取る傾向がずっと続いているという事は基準さえ超えれば受かるのです。蹴落とすというより自分が基準を超えていけば良いという事は大学入試と違うのかなと思いました。大学入試も基準を超えればとなりますが、規模が大きい分ボーダーの幅も毎年結構変わっているなと思います。

 

収集が付かなくなっているので今回はここまでで。

関西に行ってから体重が2.0kgも軽くなりました笑 緊張してたんかな~。。。

7月初めての日記

とてもお久しぶりです。6月の最後の方から全く更新してないのはよくないなと思いまして、スマホも新しいのに買い換えたのでそっちからでも更新できるなら前よりずっと気楽に更新できるなと思うので頑張りたいと思います。

 

7月に入り学校もいよいよ夏休みを迎えようとして先生たちも授業が少し投げやりになり始めてきました。所謂「ここテストに出るけど読んでおいて」ってやつですね、私はこれが大嫌いでしてなぜかと言うとそういう先生に限って説明は教科書の丸読みだったり無駄な雑談があるといった始末だからです。ま、どうでも良い愚痴ではあるんですけどね。

 

話しはまるで変わりますが、私が編入試験を真面目に考えていることを1人の学校の友人に話しました。彼は地方から来ていて簡単に言えば名門高校の出身であったのも話そうとしたキッカケの1つでした。私が編入試験の旨を伝えると彼は軽く乗り気でした。もし、今年の編入がダメだった場合彼と来年頑張る可能性が無きにしも非ずと言った所でしょうかね。

 

さて、今回の成果と言ってはなんですが少し綴ります。

英語:ポレポレ 数学:微積演習 ←これから線型代数も平行していく 物理:力学 電磁気

運動:最近週1回以上ジムに行くことにしました。基礎代謝も上がってきて体脂肪が3%減りました。体重は水分量の変化っぽいぐらいにしか減ってませんが

ひと段落した実験

お久しぶりです。別に記事を書かなかったからと言って勉強してなかったわけでもないですし、自主ゼミも友達と進行させてます。

 

火曜日には久しぶりにジムに行ってきました。弛んだ自分の身体と葛藤しながら無酸素運動であるダンベルを使った筋トレ(主に太ももと腕)ベンチプレスで胸辺りを重点的に攻めました。痩せる為には有酸素もと言う事で自分の中で最速の早歩きを30分クールダウンのお散歩を10分やって計1時間ちょい。汗かくと性欲ってなくなるもんだんですかね?

 

その後は塾のアルバイトが合ったので生徒指導前に自分の勉強で数学の微積分を重点的にやっておきました。

 

残り二か月とちょっととなって詳しく調べてみると神戸大学の編入は数学が簡単で物理も年度によるけど基本簡単なので英語と小論文勝負であるということ。そして、採点方法は晒されていないが面接も小論文も点数化されており、キチンとそこで勝負しなくてはならないという事。小論文は書かない生徒が割と多くいるので小論文対策の参考書で沢山書く練習をした方が良いという事。面接は根掘り葉掘り聞かれるのでキチンと知識を浅く広くで良いので持つようにすること。

 

と言う事なので参考書を買ったならば1週間にできれば二回(最低一回)小論文を書いてブログに晒します。使用時間も書きます。

 

数学や物理と違って小論文は晒してもいいかなって(笑) 人に見られるのが恥ずかしいのですがそれを恐れては勝利は掴めないと思っています。

 

筋トレは雨の為踏み台昇降10分/日しかやっておりません

友人と自主ゼミ

土曜日の夕方、予備校時代からの友人関係である理物の友人と初めて自主ゼミなるものをやった。本来の自主ゼミは先生がいて、5~6人程度で同じ内容を発表者なりに調べて皆にレクチャーするものであるが、今回は友人とファインマン物理学の電磁気について一緒に勉強してみようとなった。

その友人はもう電磁気の範囲は大学では終わっているのだけれども、私が今2回生で電磁気を履修していることもありより理解を深めよう!という気遣いから発足した自主ゼミと謳ってはいるもののただ単に勉強会みたいなものである(笑)

 

土曜日に1回目が行われ、第1章を友人自ら発表してくれた。所々二人でこれがどういう意味の式なのか等を検討したり、これを実際にやるとどういう意味になるか等の発表があった。まぁ、私は電気屋なので電磁気をファインマン物理学で学ばなくてはいけないという程ではないのであるが、なかなか興味深い事が書かれているので次回は私が発表する立場なので勉強しなくてはな~などとしみじみ思ったのであった。

 

今日の記録帳

勉強はファインマンを読む程度と数学微積分10題しかやっていない・・・酷い

運動は4.5km走とウォーキング30分程度

 

う~ん。一晩食べ過ぎると体重が簡単に戻るので摂取カロリーを抑えていきたいところだ

当たり前

今から約2.3年前ぐらいに僕はある一人の東大生とオフ会をしました。私にとって彼との会話はとても刺激的でした。特に勉強の話しで盛り上がり、今でも彼の言葉の本質は私の中に残っています。

 

少し言葉は違いますが、彼の言葉の中で感銘したものがあります。それは「殆どの受験生と言われてる人は普通な事ができていない。英語で言うなら単語を覚えるのは普通、数学なら公式を覚えるのが普通、当たり前な事がなんにもできていないのに演習をする。そんなんで実力がつくはずもない。」

 

そう、私は高校時代のアメフトで体験していた当たり前のレベル上げを彼は勉強で見出していたのです。高校の時コーチに「基礎を一番頑張れ!基礎の当たり前レベルを上げていく事が後で生きてくる!」こう言われていました。勉強に置き換える能力があったら今頃違う大学だったかもしれませんね(笑)

 

私の人生で運がいい事が少しだけあります。それは良い人によく会っているという事です。予備校時代、未だに恩師と思っている先生がいます。その人には考え方や人生の生き方なども教えて頂きました。今回はこのとある一人の大学生に会えた事は私の中で何かが変わる1つでもありました。

 

さて、今日の記録帳は、ポレポレ10題(辛かった)・数学微分演習30問

クランチ50回・腕立て30回

 

少しだけ痩せてきたので7月に向けて頑張りたいと思いました。

負の感情と正の感情

昨日書くつもりでしたが寝落ちしてしまいましたので今回書きます。

 

大学受験の頃私は本当負の感情まみれでした。それは悪い事だと思った事がありません、今でも良い感情だと思って付き合っています。部活の頃もレギュラー剥奪がコーチに気にいられなかったとかそういう時も負の感情を露わにして部活に励んでました。最終的にレギュラーに戻ることはなかったですが、今でもその時の努力は無駄でないと証明されているので運が良かったです。

 

現在大学生である私が本当ならば正の感情に溢れ、嬉々として生活を謳歌していられれば良かったのですが、そんな感情はもって一年の6~7月までです。その後は正負が入り乱れたりするだけです。正の感情と言うものは人を生き生きと見せて良い効果もあると思います。私はそんなに実感したことありませんが

 

大学の勉強は楽しいです。たまに理学系のが楽しいなって思う事があります。工学の先生のあのいい加減さはたまに腹が立ちますね、ですが電気回路の勉強は楽しい事も多いです(実験はクソ)。

 

だれしも何かしらコンプレックスを抱えて生きています。それが負の感情となって表に出る事もあるでしょう。私みたいに心に隠して生きていく嘘つきもいるでしょう。ですが、コンプレックスを抱えて生きていくことが悪いのではなく、コンプレックスに打ち勝とうとしないで生きていくことが良くない事なのだと私は思います。解消できるとは思っていません。ですが和らげる事や、一部または少し受け入れていく事はできると思っています。

 

私も今挑戦している事が実を結んだら和らぐのだろうと思って生きています。無理でも違う事に挑戦して生きていくしかないと思います。

 

さて、今回の運動記録ですが雨により走る系統は一切できていません。

アームカール16kg左右10回ずつ×3セット・腕立て伏せ15回×3セット・スクワット5分間・クランチ20回2セット

 

久しぶりに腹筋をやったぞぉ~~!!!

 

 

ひと段落して

中間も残すところあと1つとなったので少し時間ができ、また再開していこうと思ってます。

 

受験期の頃と比べて闘志が弱くなっている気がしてきた今日この頃、入学当時なんてギラギラしてましたね歳食ってる割に。俺はここで野望を叶えるんだ!そのぐらいの勢いや志があったと覚えています。

 

もし、第一志望に受かっていたらなどとたまに考えたりする事もあります。今の生活よりだらけて過ごしていたかもしれません、今よりリアルが充実していたかもしれません、ですが私は今の大学で勉強していて高望みするより今の生活の質を向上することのが大事なのだと思っています。

 

小言は置いておきましょう笑 今日と明日でとりあえずポレポレや積分の問題をきっちり終わらせて行こうと思ってます。来年になってでもいいので悔いが残らない生活ってのはできるわけではありませんが悔いが少なくなるように努力を惜しまない生活を送っていこうと行動あるのみです。